忍者ブログ
すご〜く不器用で家事全般苦手な私が一児の母になりました。 初めての子どもでわからないことだらけだからと、育児雑誌やネットでいろいろ調べまくっても、そのとおりにはいかないもの。だけど、こんなに超不器用な私でもなんとかやってます!ってこと、育児をしながら感じたこと、気づいたことを書いていきます。

赤ちゃんの低体温

「安産でしたね」と先生に言われてほっとした出産。
翌日、赤ちゃんとの時間を過ごせるのを楽しみにしていた私でしたが、
授乳のときに「赤ちゃんの体温が低いので今日はこちらで様子をみますね」と
助産師さんに言われ、とても不安になりました。
そのときは35度台でした。

子供の体温は通常大人より高めらしいのに
なぜ?

寒い時期に生まれたから?
でも他の赤ちゃんとママたちは母子同室なのになんで?
授乳の時間以外は赤ちゃんと会えず、
一人で部屋で過ごすと心配で、新生児室のガラス越しに
そっと様子を見にいって穏やかに寝てる顔に安心するも
部屋に戻ると涙が出てきました。

いろいろと検索しても赤ちゃんの低体温に関する情報は少なく、
体温が低いのは良くないらしいということしかわからず…。

でも治療などはせずに助産師さんたちは
こんな風に温めてくれていました。
小さな湯たんぽを2つ用意し、
1つは脇の下あたりに、もう1つは足の先あたりに。

もちろん赤ちゃんなので低温やけどが心配ですから
通常の湯たんぽより温度は低く、
ほんのり温かいかな?くらいです。

実家に戻ってからも赤ちゃんの体温が低いときは
同じような方法で温めました。

ありがたかったことに
1ヶ月もすると体温も落ち着いてきてくれましたが、
とても気が張り詰めた生活を送っていました。

原因もわからず、アドバイスも室温などに気をつけること
くらいしか言われなかったため、
不安でした。

子供が今2歳を越え、無事に育ってくれているからこそ
書ける内容ですが、
記録としてこちらに残しておこうと思います。



↓お役に立てたらポチッとしてもらえるとうれしいです。 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
PR
↓お役に立てたらポチッとしてもらえるとうれしいです。 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
PR
" dc:identifier="http://bukiyouhahaikuji.blog.shinobi.jp/%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E3%83%BB%E5%87%BA%E7%94%A3/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E4%BD%8E%E4%BD%93%E6%B8%A9_75" /> -->